うきはにある
jamとcafeのお店です
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新作石けん
先日から作っていた藍の石けんが
熟成完了したので
〔ぶどうのたね〕さんと〔ながいわ〕さんに
納品しました

藍石けん(写真左)は
ラベンダーのエキスと泥藍入り
エッセンシャルオイルは
ラベンダー・ローズマリー・ミントを入れ
爽やかな石けんです

写真右のはマリーゴールド石けん
マリーゴールドのエキスと
レッドパーム入り
仕上げにレッドクレイで
上面だけマーブル模様に仕上げました
オレンジスゥィートとラベンダーの
エッセンシャルオイル入り

藍には殺菌作用が
マリーゴールドには消炎作用があると言われています
やっと納品できる石けんの完成です^^;
お店に出させていただいている石けん
今年もまた夏にさぼり・・・品切れしてました
お店で尋ねてくれた方もいらっしゃったらしく
申し訳ないな と反省しつつ
やっと2種類が完成し、昨日納品しました
これからしばらくは2週間ごとに新しい種類の石けんを
納品しようと思ってます
今回のは定番の「ローズヒップの石けん」と
「ローズマリーの石けん」です

手前がローズヒップ
下はラッピング後

ローズヒップの石けんには以前作っておいた
レッドクレイの角切り
ローズマリーの石けんには
炭石けんの角切りを入れたんですが
生憎色が似ていたらしく
ほとんどわからなくなってしまいました(がっかり;)

そしてジャム
今年は柿の熟す時期が遅いらしく
(やっぱり暖かいからなんでしょうね)
まだ富有柿じゃなく 松本という品種ですが
「柿と蜜柑のジャム」です

クラッカーに添えてどうぞ

この柿と蜜柑のジャム
柿は果肉を 蜜柑は果汁と皮をすりおろして使います
蜜柑の皮は 黄色く熟したものを陳皮(ちんぴ)
まだ青いものを青皮(せいひ)といいまして
漢方薬として使われます
毛細血管を丈夫にする、風邪の初期症状に良い
また、胃もたれ・消化促進など内臓系にも良いと言われます
裏庭にある蜜柑で作ってますが
その蜜柑 皮が厚すぎてほとんど生では食べません
でもその皮を使うジャム作りにはバッチリなんで重宝してるんですが
それが温州蜜柑だっていうんですよ
こんなに皮が厚いのに「ほんとかいな?」
って疑ってたんですが
今年は雨が降らないから皮が薄くてですね
「あ。ほんとに温州だったのね」と思いました
(単に育て方の問題だったわけか^^;)
藍石鹸のその後
夏の終わりに藍で作った 泥藍
これを使って 以前からずっと作りたかった
青い石鹸を作ろうと
実験をしてたんですが・・・
これが なかなかに難しくて 難儀しておりましたーー;
でも最近作ったやつがまあまあの出来だったので
(まだ完全納得ではないんですけどね)
経過報告しま〜す

まず1回目の試作品

はい。見ての通り なぜかピンク
まずは藍を最初の苛性ソーダに混ぜ込んでみました
最初はいい感じの水色だったんですが・・・
時間が経つとこの色になってしまいました
だめだこりゃ

ということで、2回目の実験
今度はトレースが出た時点で藍投入。 
しかし 発色がいまいちだったので
還元剤も入れてみたら
すごくいい青と水色に・・・
しかし時間が経つとまたピンク
そして紫(泣)

その上 還元剤のせいか 所々に白い結晶が出てきており
これは身体には使えないですね
キッチン用に格下げです

さて3度目
今度は型入れ直前にタネを3つに分け
グラデーションにしてみました

投入直後はあまりいい色ではなかったのですが
そのまま保温して鹸化させてみたら
徐々にブルーが出てきました
半分成功という感じですかね
もっと鮮やかな青にするには還元剤か何かが必要なのかな?
しかし 肌に良くないものは入れたくないし
もうちょっと勉強してみます

3番目のやつは 
来月ぶどうのたねさんに出す予定です
藍は殺菌作用があるので
肌にもいいんじゃないかと思っています

明日はクロレラを入れて緑色の石鹸を仕込む予定
もっとカラフルな石鹸作りたいけど
染料は入れたくないし、材料探しが難しい
市販の石鹸って香りも色もなかなかあせないでしょ?
私はアロマオイルで香りを付け
ハーブやクレイ等天然の色素で色をつけてるけど
すぐに香りも色もあせるんですよ

市販のやつは何であんなに強い匂いが残っているんだろう
あんなに安いのに・・・
考えると怖くなってきます
今日納品しました 石けんとジャム
今日「ぶどうのたね」さんに石けん3種と
ジャムを2種類納品しました
石けんは
先日紹介した「ゆずとかぼすの石けん」と
「緑茶石けん」
なんだか美味しそうかも
使用材料:オリーブオイル(緑茶インフューズド)・パームオイル・ココナツオイル
レッドパームオイル・苛性ソーダ・精製水・エッセンシャルオイル(ブチグレン
グレープフルーツ・オレンジスウィート)
「ジュニパーベリーの石けん」
香りのいい石けんに仕上がりました
使用材料:オリーブオイル・パームオイル・ココナツオイル
精製水・苛性ソーダ・黒蜜・エッセンシャルオイル(ラベンダー
ローズマリー・ジュニパーエキス)
の3種

ジャムは「夏みかんのママレード」と
「梅ジャム」です
今回は猫の手舎のジャム作りに使用している砂糖について
ちょっとお話させてください
現在4種の糖類を使い分けながらジャムを作っていまして
基本に使っているのは「甜菜糖」
これは北海道産の甜菜(砂糖大根・ビーツとも言います)を使用し、
北海道の工場で作られています。さっぱりとしつこくない甘さです
2つ目は「はちみつ」
田主丸町にある西見養蜂場の百花蜜を使用しています
身体にいい上にはちみつを入れることによって
味と香りが全く違ってきます
3つ目は「洗双糖」(粗糖とも言います)
種子島産の精製していない砂糖ですので
天然の成分がしっかり残っています
さとうきび独特の味がしますので
相性がいいと思うジャムにだけ入れています
そして最近使い出した「トレハロース」
最近CMでもよく流れていますが
トレハロースとはトウモロコシなどの澱粉から作られた
糖質で、食品に使う糖分の10〜50%を置き換えることによって
鮮度保持や加工適正が上がります
これから少しづつ使いながら
特性や適正を見極めて行きたいと思っています


柚子とかぼすの石けん
久々の新作石けんでございますぅ〜
「柚子とかぼすの石けん」
なんだか美味しそうだなぁ
レッドパームオイルを使い ツートンカラーにしてみました
最近目でも楽しめる石けんが作りたいなぁ と
色々試行錯誤しています

使用材料はオリーブオイル・レッドパームオイル
パームオイル・ココナツオイル・苛性ソーダ
精製水・カボスの種のエキス・乾燥柚子の皮
ハチミツ・エッセンシャルオイル(レモングラス
プチグレン・ティートゥリー)

来週以降に「ぶどうのたね」さんに納品しますね
カモミールの石鹸
新作 カモミールの石鹸です(5/10頃「ぶどうのたね」さんに納品予定)
カモミール石鹸
基本のマルセイユ石鹸に
カモミールから抽出したエキスを配合しました
カモミールは和名でカミツレともいいまして
髪にいいと言われています
スイートオレンジとローズゼラニウムの精油を入れましたので
甘くさわやかな柑橘系の香りです

今回またまたラッピングを変えてみました
手づくり石鹸のラッピングって難しくてですね
きっちりビニールで覆ってしまうと
時間とともに石鹸の中の水分が出てきて
べたべたになってしまうことがあります
今回は片面ダンボールを利用してみました

マルセイユ石鹸の自宅での保存方法ですが
夏は冷蔵庫の中が一番です
夏以外でも長期使用されない時は冷蔵庫がおすすめ
油の酸化速度が遅くなるのでいい状態が保てます

涼しい季節は石鹸をラッピングから出して
日の当たらない風通しのいい場所に
使用中の石鹸も毎回使用後に水気を切り
風通しのいい場所に置くだけで
泡立ちが良くなり 長持ちします
とにかく湿気に弱いのがマルセイユ石鹸の弱点なのです
只今石鹸熟成中
 春ですね〜 山は春が遅くて多肉植物ご一行様ほんとまちどおしかったですよ
玄関を占領していた多肉植物達も
やっと外に出せました 
色白になってた多肉達も
春の光を浴びて気持ちよさげです

 話は変わるのですが
最近石鹸づくりを少し頑張ってます
恐怖の梅雨が来る前に
ちょっとストックしたいと思ってですね


今回仕込んだのは ローズヒップ カモミール(この二つは定番ですね)
完成がまちどおしいっ!
あと桃のマーブルとユーカリです
毎回石鹸作ってて思うんですが
石鹸ってほんと不思議なんですよ
 うちの石鹸にはハーブをアルコールに漬けたエキスを入れるんですが 
それが毎回色が予想付かない汗
エキスの色は変わらないのに
苛性ソーダとの反応で 茶色にオレンジに黄色にと
7変化を見せてくれる訳です
その上完成するとまた色が変わってるんですよ
あー面白い楽しい
さてそこでお知らせなのですが
今年の11月に 浮羽町の女性の家主催で
石鹸教室をすることになりました
人前でお話することって かなり苦手なんですがあせあせ 
まあ恥をかくのもいい経験か とおもいまして
教室では参加してくださった皆さんと
楽しく石鹸や化粧水 クリーム作りが出来れば
と思っています 興味があられましたら
広報うきはの3月15日号をごらんになってください
または 広報うきはの3ページ目にも載っています
教室名は「手づくりコスメ教室」です
定員15名締め切り4月28日 時間ないやん冷や汗 
よかったら参加してくださいね

ラベンダーとローズヒップの石けん♪完成っ
ラベンダーとクレイの石けんいやはやたらーっ  お待たせしてしまいまして
大変申し訳ありませんでした。
やっと新作石けんの熟成が完了し、【ぶどうのたね】さんに納品できました。
まずは【ラベンダーとクレイの石けん】・・・ラベンダーには抗菌作用や皮膚の修復を助ける作用があると言われています。冬が近づき、暖房などで肌が荒れた時にどうぞ
〈ラベンダーの石けん〉原材料:オリーブオイル・パームオイル・ココナッツオイル・精製水・苛性ソーダ・ラベンダーエキス・クレイ(グリーン・ピンク)・エッセンシャルオイル(ラベンダー・ローズマリー・ミント)

ローズヒップの石けん
【ローズヒップの石けん】・・・熱でも壊れにくいビタミンCがたっぷりのローズヒップ。夏の日焼けで出来たしみなどにどうぞ。ハーブティも毎日1杯飲むと効果が増すと思います

〈ローズヒップの石けん〉原材料:オリーブオイル・パームオイル・ココナッツオイル・精製水・苛性ソーダ・ローズヒップエキス・ピンククレイ・エッセンシャルオイル(パルマローザ・パチュリ・リッツアキュベバ)
せっけんその1
レッドローズ石鹸
久々のせっけんその1としてアップしたつもりが
出来ていなかったようです

これはバラのエキスを抽出し
石けんのタネに入れ込んだものです
ばらには老化を防止する効能があると
言われています。
これで少しでも遅くなればいいんですが・・・たらーっ
使い心地はしっとりする感じでしょうか
香りはローズゼラニウムでバラの雰囲気を
出しております。
久々の新作石けん その2
ピンククレイマーブル石けん
【ピンククレイのマーブル石けん】
マルセイユ石けんにピンククレイを混ぜています
クレイは天然の粘土のこと
肌のくすみや老化に効果があり
すっきりつるつるの洗い上がりです

 【お詫びとお知らせ】
夏は石けんの製作には向かない季節
湿気と温度の高さが問題で・・・
クーラー生活なら大丈夫なんですがあせあせ
なのでこの2種の石けんの後は在庫がありません
今からが石けん作りにはばっちりの季節
なのでがんばって作ろうと思いますが、
なにせ熟成期間に2ヶ月はかかりますので
出来上がりは11月頃となります
猫の手舎の石けんを使っていただいている
方には大変ご迷惑をおかけしますが
どうかご容赦ください。