うきはにある
jamとcafeのお店です
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
桃の収穫 はじまりはじまり〜
雨の晴れ間を縫いながら
桃の収穫を始めました
今収穫しているのは「八幡」という品種です
小ぶりですが 色付きが良く ジューシーで甘いのが特徴
しかし!美味しいものはみんなも食べたいらしく
イノシシ・カラス・蛾にスズメバチまで
いろんな奴らが勝手に食べてます
中でもカラスは困ったもので
ちょっとづついろんな桃を小突いては
食べごろのものだけ食べていく始末・・・
今日は家のすぐそばにある桃を4羽のカラスが堂々と食べていたので
いい加減頭にきて 「カーッ!カーッ!」と叫びながら
追っかけてました(傍から見たらちょっと怖い光景っすね;)

さてそんなこんなで生き残った無傷な桃を贈答用の箱に詰めました
桃4キロ箱 15個入り         右はジャム入り桃4キロ箱 15個入りジャム入れてみました

そして2キロ箱 8個入り
8

この雨が早く止んで 美味しい桃が収穫できますように・・・
織姫・彦星さんよろしくっす!

新茶の季節ですね〜
今日は朝からがんがんに晴れてましたね
日曜なのでゆっくり眠っていたかったんですが 早朝に蚊の来襲を受けましてニョロ
むりやり起こされました あ〜しかしとうとう蚊の季節 蚊といえば夏
夏といえばるんるん夏もち〜かづ〜く八十八夜ムードということで
茶摘をやりました このへんでは各家にお茶の木があって
みなさん自宅で飲むお茶は家で作ってあるようです
暑いし、面倒なんですが、なんだか究極の贅沢ぴかぴかな気もします。

まずは【茶摘み】から お茶の木の新芽だけを摘み取ります
手がだんだんと緑に染まっていいにおいがしてきます
最初は子供達も手伝っていましたが、ちょっと休憩してくる・・・と言ったまま
最後まで戻って来ませんでしたむかっ結局母と2人で2時間程度かかったでしょうか
茶葉の中に混じっている硬い茎や葉を取り除いたら【釜炒り】の作業となります
あちぃ〜!
熱いのに耐えつつ 茶葉を炒っていき、香ばしい香りがしてきたら
取り出して猫田の上にて【揉み】の作業です
猫田というだけあって皆なんだか猫みたいイヒヒ おっ!娘が復活 がんばれ〜 ニャ〜
もんでもんで♪
「熱い〜」と言いつつ揉んで行き、茶葉がくたっとなったら完成楽しい
後は猫座に広げ、ぱりっとなるまで【陰干し】ししたら出来上がり
天気が続くといいんですが・・・
(仕上げにもう一度炒ったりもします)
市販されている緑茶とは違い、きれいな緑ではありませんが
緑茶とウーロン茶を足して2で割ったというかなんというか
独特な味で けっこう美味しいんですよ
娘はこのお茶をキンキンに冷やして飲むのが大好きです